2012年度よりfxの税金制度が変わった

一般的に資産運用をしている人にとって大変気になることとして、税金が上げられるでしょう。
実際にfxの税金というのは一体どうなっているのか、気になる方も多いのですが、実はとてもシンプルなシステムになります。
ご存知の方も多いでしょうが、実は2011年までは税金が証券会社によって大変異なると言われていますので、非常に大変だったといわれています。
しかし、2012年度から、税制が大きく変わったので、今までよりも非常に安くなったのです。
というのも、それまでは総合課税といわれて、お給料などと一緒にして計算していたので、サラリーマン達にとっては確定申告を行わなくてはならないという状況が起こっていました。
また、所得をが増えると更に税率が増していく累進課税という方法をとっていたため、儲けるほどの税金が高くついてとても大変でした。
2012年度からはそれまでの総合課税が廃止され、ほかの収入と一緒になって計算されない申告分離課税方式となり、どれくらい多く儲けても同じ税率となったため、今まで多く儲けていた人にとっては大変お得な税制となったといえます。
また、低収入が全くなく、fxだけで収入を建てている人にとっては増税となると言われています。
そのため、適切な税制をしっかり確認しておくことは大切です。
また、今まで損失した分より儲けた分が大きいと税金がかかりましたが、その損した分は繰越できませんでしたが、2012年度から3年間損失の繰越が可能になりますので、今まで損失が大きく、今年多少儲けが出たとしても損失がそれを上回っているときには、相殺されるので税金を支払うことがないとなります。
とはいえ、2012年度の改正以降の損失が対象になりますので、それ以前は対象外になってしまいます。
さらに、ほかの資産運用との損失とも合算できる可能性が高いので、是非参考にしたほうがいいでしょう。
自分自身で複数の資産運用を行うときには、是非税制を参考にしておいたほうがいいでしょうね。

石垣島のシュノーケリング
石垣島でシュノーケリングや体験ダイビングや青の洞窟ツアー

Comments are closed.